カジノが運営するレストランの影響力

多くのカジノでは、新規顧客を獲得し、既存顧客を維持するためのマーケティングツールとして、プレイヤーへのリワード・プログラムを採用しています。そして、その多くはプレイヤーの過去のゲーム履歴に基づいた、異なるレベルのプログラムとなっています。

1年間で獲得できる星の種類には、ゴールドスター、プラチナスター、ダイヤモンドスターなどがあり、それぞれのレベルに応じた特典が用意されています。これらはカジノがゲストに費やしてもらいたい金額に基づいて設定されているものです。

さらに、ほとんどのカジノでは、プレイヤーに様々な食事のオプションを提供していることにも触れておきましょう。一般的なカジノには、ビュッフェ、カジュアルレストラン、24時間営業のカフェなどがあります。基本的に、これらの飲食店は利益を生み出す目的で設置されているのではなく、プレイヤーがより長時間ギャンブルを続けるように促すためのマーケティングツールとして利用されています。

多くの試算によると、特に地元を中心に営業するカジノにある飲食店は、ゲストのギャンブル行動を促進する力があるそうです。そのため多くのカジノは、飲食店がギャンブルに直接与える影響を判断するために、それらの店舗を調査する必要があります。特定の顧客のギャンブル行動をどう促進しているかを認識することも大切です。

カジノにとっては、多くのお金を使ってくれるゲストの方がより利益を生み出してくれますが、高級なダイニングオプションが必ずしも彼らにとって魅力的で、さらにギャンブルを促す力があるとは限りません。反対に、平均的なプレイヤーは一人一人からの利益率が低いものの、顧客ベースの大部分を構成しているのは明らかであるため、カジノは彼らが好む食事メニューをより低価格で提供することも必要でしょう。

先述の仮説を裏付ける研究結果は今の時点ではまだありませんが、ゲーミングによる収益の増加に、レストランが直接貢献していることを示す文献は増えています。

またレストランの種類によって、この関連の度合いが変わる可能性があることを示す研究もされています。ある研究によると、グルメレストランやカジノのコーヒーショップで食事をする人は、ギャンブルに費やす金額が増え(自己申告による)、ビュッフェスタイルの食事を摂った人はそうならないことが分かりました。そして、カジノでの食事の内容が、その後カジノに再来場する可能性や、そのギャンブル施設を他の人に勧める可能性に影響していることも分かりました。

このように、多くの調査結果によって、マーケティング担当者がカジノでギャンブルにより多くの資金を費やすプレイヤーへのインセンティブとして、食事のクーポンを利用していることが分かりました。こうしたオファーは、1日に100ドル以上を失う覚悟のあるようなプレイヤーには、特に有効とみられています。

このようなゲストはカジノにとっても非常に大切で、高級なサービスやアメニティが効果的に機能する可能性があるのであれば、利用しない手はありません。また、平均的なプレイヤーには高級な食事を提供することで、より頻繁に来店してくれるようになるかもしれません。

2種類あるビュッフェの1つを提供したり、一定のポイントを獲得することでビュッフェ利用券をプレゼントしたりするのも、良いアプローチかもしれません。ただし上顧客にとっては、この種のオファーは効果があまり期待できないかもしれません。彼らは基本的にあらゆる特典を受ける権利があると考えているからです。VIP待遇やVIPルームのような特典の方が、効果的なオプションとなるかもしれません。